よくあるご質問

「葺き替え」は既に葺かれている屋根材を新しい屋根材に葺き替える工事で、「葺き直し」は破損や傷みが見られる部分を取り除き、屋根材を再利用する工事を指します。新しい屋根材を使わない場合や、一部新しい屋根材を補充する場合もあります。お客様の屋根の状態を見て的確に判断いたします。

はい、屋根材や施工内容によってお見積りの内容は異なってきます。お住まいの地域の環境を考慮して下地材のグレードを上げたり、耐震・耐風工法で屋根を強化する場合などは、その分の工事代金がお見積りにプラスされます。また、材料を搬入・搬出する際、狭小地では人手がかかるため料金も異なります。
当社はどこよりも質の高い施工を、一切の妥協なく常に100%で行っております。そのため、安さ重視の施工ではなく「地域No.1の施工」が当社の強みです。もちろんお客様のご予算に沿ったご提案をさせていただきますので、まずはお気軽に当社までご連絡ください。

知り合いの建築業者や地元の屋根工事店に相談していただくのが安全かと思います。
私たち永井も、地元に根付いた屋根工事店として多くのご依頼を頂いております。現地調査・お見積りを無料でご対応させていただきますので、屋根のことでしたらお気軽にご相談ください。

当社では、現地調査やお見積りを無料でご対応させていただいております。どこよりも質の高い施工とご提案をお約束いたしますので、屋根についてのお悩み・ご相談は当社にお任せください。

すぐに任せるのではなく、まずは地元の建築業者や屋根工事店に相談するのが一番です。地元の業者であれば、本当にそういった業者が存在するのか一目瞭然です。
万が一悪徳業者であった場合、修理という名目で強引に契約され、法外な工事代金を請求される可能性があります。実際にそういったケースが増えているため、名刺や会社名・名前等を控えた上で地元の建築業者に確認を取りましょう。

工事のご依頼をいただきましたら、まずは当社スタッフがご自宅までお伺いし現地調査を行います。屋根に上がって状況を入念にチェックし、お客様のご要望や現地調査の結果を踏まえてお見積もりをご提出いたします。
お見積り内容にご納得いただけましたらご契約の手続きに移ります。その後お客様と工事日程を調整し、着工に合わせて近隣住民の方々へご挨拶をさせていただきます。

もちろんです。屋根材の種類・デザイン・カラーは多岐にわたり、形状や機能も種類ごとに異なります。お客様のご要望をしっかりとヒアリングし、カタログを用いて最適な屋根材をご提案させていただきます。また、お住まいの地域環境や気候なども考慮してご提案いたしますので、屋根のプロ・永井にお任せください。

屋根は住宅の外観イメージに大きく影響を与え、結果としてその町の景観を作ります。基本的にはどのようなデザインでも自由ですが、地域によっては「街並み協定」が結ばれていたり、自治体で景観条例を定めている場合もございます。その場合は、条例に沿った屋根材でのご提案となりますので予めご了承ください。

屋根材が葺き替え前後で異なっても基本的には問題ありません。
ただ、新たに葺かれる屋根材が住宅構造・デザインに合ったものかどうか、お住まいの環境に適した屋根材かなどを確認した上で決める必要があります。当社がお客様のご要望と併せてしっかりと確認し、最適な屋根材をご提案いたしますのでご安心ください!

工事内容はもとより天候にも左右されるため確実な工事期間はございませんが、全面葺き替え工事を連日行った場合、おおよそ1週間の工事期間をいただいております。事前に当社スタッフより大まかな工事期間をご案内しますのでご安心ください。
また、古い屋根材をめくってみたら下地材に腐食が‥‥という場合もございますので、その場合は工事中に期間が延びる可能性があります。予めご了承ください。

一般的な葺き替えの場合、家具を移動したり仮住まいを探す必要はございません。これまで通りの生活を送りながら工事を進めますのでご安心ください。

屋根工事店の多くは天気予報を事前に確認してから作業に当たっています。また、葺き替えや葺き直しなどで古い屋根材を降ろした場合、屋根材の下には下地材が施工されているので雨漏りの心配はございません。
万が一、工事中に不具合が生じて天井や壁・家具などを汚してしまった場合、全瓦連の第三者賠償共済制度により保険会社から屋根工事中の第三者(対物・対人)に対する損害が賠償されます。

お気遣い無用ですのでご安心ください。工事業者は昼食持参で現場に来ております。

はい、当社で責任を持って廃棄処分させていただきます。事業者が原則負担するため、葺き替え工事の元請けが屋根工事店であれば、屋根工事店が全て持ち帰り処分します。見積もりに「廃材処理費」の項目が入っている業者は、きちんと処分をしてくれる屋根工事店なので安心してください。

はい、ご利用可能です。屋根工事店がクレジット会社と提携して行っている「屋根工事ローン」のほかにも、民間金融機関や自治体、また住宅金融公庫でも「リフォームローン」をご利用いただくことができます。

素人の方が屋根に上ってしまった場合、事故や大ケガをする危険性が高いため屋根に上らないように注意してください。
また、屋根の上を普通に歩いてしまうと屋根材を傷つける可能性もあります。ご自分ではなく、信頼できる屋根工事店に相談することをお勧めします。

「瓦屋根は重いから地震に弱い」というのは大きな間違いなんです。
建物は建築基準法に基づいて建てられます。その規定に基づいて、建物重量によって必要な壁量等が決められて耐震性が確保されています。そのため、屋根の重さによって耐震性が左右されることは実はないのです。

瓦といえば昔ながらの日本家屋をイメージされる方が多いですが、最近では平板瓦など多種多様なデザインの瓦が増えてきています。
洋風や和モダンといった今風のオシャレな住宅にも、瓦ならではの良さと馴染んでまた違った雰囲気を演出することができます。瓦の質感が重厚感・高級感を生み出してくれるのでとってもオススメです。

デザインの違いはもちろん、屋根材によって機能性に違いがあるんです!お住まいの地域の環境や天候、住宅の種類や外観など、あらゆる建物に対応するために数多くの屋根材が存在します。
たとえば、板金などの屋根材では屋根を打つ激しい雨音が気になりますが、瓦屋根の場合全く気になりません。その地域の特性やお客様のご要望に沿って屋根材をご提案しております。